メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発トラブル 四電再発防止策、規制委が「妥当」 /愛媛

 原子力規制委員会は8日、定例会合を開き、定期検査中の四国電力伊方原発3号機(愛媛県)で1月に制御棒が引き抜けたトラブルについて、四国電の再発防止策を妥当とする報告書をまとめた。

 伊方3号機では制御棒引き抜けのほか、機器のショートが原因の停電や、核燃料を収納区画の枠に乗り上げさせるトラブルも1月に発生…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです