メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発トラブル 四電再発防止策、規制委が「妥当」 /愛媛

 原子力規制委員会は8日、定例会合を開き、定期検査中の四国電力伊方原発3号機(愛媛県)で1月に制御棒が引き抜けたトラブルについて、四国電の再発防止策を妥当とする報告書をまとめた。

 伊方3号機では制御棒引き抜けのほか、機器のショートが原因の停電や、核燃料を収納区画の枠に乗り上げさせるトラブルも1月に発生…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです