新型コロナ 新たに1人確認、県内感染者39人に 27人が入院中 /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスについて県と高知市は8日、新たに1人の感染が確認されたと発表した。県内の感染確認数は計39人で、8日現在、27人が入院している。一方、公立学校の臨時休校や飲食店が集まる観光施設の休館が決まるなど、この日も感染拡大により関係者は対応に追われた。【松原由佳、北村栞、郡悠介】

 発表によると、新たに感染が確認されたのは高知市の40代女性会社員。3月26日以降、熱を出した息子を看病していたところ、自身も29日に37・8度の熱や咳などの症状が出て、今月7日に陽性が確認された。

 県内の感染症指定医療機関は高知市の高知医療センター(16床)と宿毛市の幡多けんみん病院(7床)で、計23床。また入院協力医療機関として6病院計19床を確保している。1カ月前の受け入れ可能病床数は計11床で、県は病床確保に取り組んできた。

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1481文字)

あわせて読みたい

注目の特集