メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

日韓歴史摩擦の構造 アイデンティティーが衝突=慶応大名誉教授・小此木政夫

「3・1独立運動」を記念する式典で万歳三唱する韓国の文在寅大統領(手前左)=ソウルで3月1日、ロイター

 なぜ日韓歴史摩擦はかくも強烈かつ執拗(しつよう)に継続するのだろうか。現在、最大の争点になっているのは、第二次世界大戦末期に動員された元朝鮮人徴用工の処遇であり、個人賠償を容認した韓国最高裁判所の判決=1=である。しかし、巨視的に見れば、それらの背後にはより本質的ないし構造的な問題が存在する。

 第一に指摘しなければならないのは、歴史摩擦が日本人と韓国人のアイデンティティーの衝突ないし非両立性に起因するという厳然たる事実である。

 一般的に、アイデンティティー(同一性)とは、歴史、宗教、文化、言語、習慣、エスニシティー(民族性)などに基づく自己認識であり、他者の承認によって安定化する。さらに、それを基盤にして、民族的な統合や繁栄を求めるナショナリズムが成立する。したがって、日韓の歴史的アイデンティティーが衝突すれば、それはナショナリズムと連結して、「反日」や「嫌韓」感情をかきたてざるを得ない。

この記事は有料記事です。

残り2720文字(全文3121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 特権を問う 地位協定60年 米軍私有車、税減免14億円 政府間合意、自治体反発 19年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです