メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

藤本巧さん=第39回土門拳賞を受賞

第39回土門拳賞受賞者の藤本巧さん(70)=東京都千代田区で2020年3月27日、平野幸久撮影

 初めて韓国を撮影してから半世紀。その節目の年に、写真集「寡黙な空間 韓国に移住した日本人漁民と花井善吉院長」(工房草土社)が第39回土門拳賞を受賞した。「写真集を出すのが厳しい時代。その中で受賞したことは励みになります」

 日本統治時代の韓国で「岡山村」(統営市)、「伊予村」(莞島郡)などと呼ばれた地区があったことを約10年前に知った。漁場を求めて渡った人々がつくり上げた村だった。そこに残る日本風の民家や神社跡にひかれ、韓国と漁民の故郷を行き来してモノクロ写真に収めた。「置き去りにされた建物が、今に至る歴史を見てきたのです」。ハンセン病療養所で患者に尽くした花井院長…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです