メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ・緊急事態

「居場所」失う恐れ ネットカフェ生活、危機感

男性が滞在するネットカフェの看板。前の通りに人通りはまばらだ=東京都台東区で2020年4月8日午後5時34分、斎藤文太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を受け、東京都内のネットカフェや漫画喫茶で暮らす人たちの間で不安が広がっている。ネットカフェなどの娯楽施設は休業要請の対象となる可能性があり、「居場所」を失うかもしれないからだ。

 7日午後7時過ぎ、東京・浅草。雑居ビルの7階にあるネットカフェの一室で派遣社員の男性(52)は、100円ショップで買ったイヤホンをテレビにつないだ。画面には緊急事態宣言を発令する安倍晋三首相の姿が映る。「いよいよ来たか」。もし、この店が休業したら路頭に迷う。路上生活をするしかない。

 男性は3年前からここで暮らしている。月の利用料は約8万円。店は鍵付きの「完全個室」をうたっており、2畳ほどのスペースには私物を置いておくことができる。共用部分にはコインシャワーや洗濯機もあり、生活に困ることはない。

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. うがい薬転売横行 違法なヨード系はサイト削除、代わりに“透明”が高値

  4. お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」

  5. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです