メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布マスク予算466億円 効果は「使い捨て20億枚分」 菅氏「代替手段ない」

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年4月9日午後4時32分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が来週から始める全世帯への布マスク2枚の配布の事業予算について、政府は9日、野党側に約466億円と説明した。同日の記者会見で「費用対効果は十分か」と尋ねられた菅義偉官房長官は「使い捨てマスク20億枚分の消費抑制になる」との考え方を示し、「医療機関や高齢者施設に必要な量を届け、国民の皆さんの不安を解消する政策目的を鑑みれば、代替できる手段はない」と述べた。

 菅氏は会見で「配布した布マスク1億枚が洗濯しながら平均20回使われれば、使い捨てマスク20億枚分の消費を抑制することになる。これは平常時のマスク需要の4~5カ月分にあたる」と語り、「もちろん、最大限効率的な(予算)執行に努める」と話した。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです