メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布マスク予算466億円 効果は「使い捨て20億枚分」 菅氏「代替手段ない」

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年4月9日午後4時32分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が来週から始める全世帯への布マスク2枚の配布の事業予算について、政府は9日、野党側に約466億円と説明した。同日の記者会見で「費用対効果は十分か」と尋ねられた菅義偉官房長官は「使い捨てマスク20億枚分の消費抑制になる」との考え方を示し、「医療機関や高齢者施設に必要な量を届け、国民の皆さんの不安を解消する政策目的を鑑みれば、代替できる手段はない」と述べた。

 菅氏は会見で「配布した布マスク1億枚が洗濯しながら平均20回使われれば、使い捨てマスク20億枚分の消費を抑制することになる。これは平常時のマスク需要の4~5カ月分にあたる」と語り、「もちろん、最大限効率的な(予算)執行に努める」と話した。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. GoToキャンペーン 国交相、異例の金額と認め縮小言明 業者選定過程は公表せず

  4. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです