メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百貨店ほぼ全面休業 食料品売り場など除き 従業員処遇、焦点に

全館臨時休業を知らせる銀座三越のホームページ

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受け、対象7都府県にある百貨店などの大型商業施設は軒並み8日から営業を自粛し、休業している。食品売り場など一部は営業している。

 緊急事態宣言の期間は5月6日までで、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象。

 臨時休業の期間は「5月6日まで」「宣言解除まで」「当面の間」などさまざまだが、いずれも宣言解除までは営業自粛になりそう。

 高島屋▽東急百貨店▽そごう・西武▽小田急百貨店▽東武百貨店▽大丸松坂屋▽ルミネ――などは一部店舗で、食料品を扱うフロアやテナントの営業を続ける。ららぽーとは、ドラッグストアや診療所などの一部テナントの営業も継続される。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  3. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです