特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

在宅勤務の必須ツール Zoomを襲った「爆弾」 使う前に気をつけたいこと

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
離れていてもZoomを使って会議ができる=東京都千代田区で2020年4月9日午後1時半、宮崎稔樹撮影
離れていてもZoomを使って会議ができる=東京都千代田区で2020年4月9日午後1時半、宮崎稔樹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、一部の業種で在宅勤務の普及が進んでいる。それには「Zoom(ズーム)」(本社・米国)などインターネットを使ったビデオ会議システムが役立つが、同時にセキュリティー上の問題も指摘されている。利用する際の注意点を探ると、誰もが使える便利なサービスゆえの課題も見えてきた。

 ズームのエリック・ユアン最高経営責任者(CEO)は1日、ホームページ上で自社システムの不備を認めて謝罪した。「プライバシーとセキュリティーへの期待に応えられなかった」として、対策を急ぐと強調した。

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1448文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集