メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急事態発令地域で折り込みチラシ、特売激減 スーパーが混むと客から苦情も

スーパーやホームセンターのチラシ。新型コロナウイルスの影響で減少しているという=福岡市中央区で2020年4月9日、森園道子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が発令された地域で、スーパーや量販店が折り込みチラシの発行や特売の開催を自粛する動きが広がっている。生活必需品を扱う店舗の営業は続いているが、非常事態が思わぬところに影響を及ぼしている。

 競争が激しい食品スーパーはチラシの特売品で客を呼び込み、他の商品も買ってもらうのが定石だが、感染拡大で状況は一変。「感染防止のため店に密集状態を作らない」(福岡県内のスーパー)ため、時間帯や売り場ごとに客が集中する特売をやめた。店が混雑…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです