メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイデン氏指名確実 米大統領選 民主党サンダース氏、選挙戦継続を断念 

 11月の米大統領選に向けた野党・民主党の候補指名争いで、急進左派のバーニー・サンダース上院議員(78)が撤退を表明した。これで穏健派、ジョー・バイデン前副大統領(77)の指名獲得が事実上決まった。バイデン氏は8月に予定される党大会で正式指名を受け、11月の本選で共和党現職のドナルド・トランプ大統領(73)と争うことになる。しかし、選挙活動は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中断している。

 指名に必要な獲得代議員数は1991人だが、米紙ニューヨーク・タイムズの集計によると、現時点でバイデン氏は1217人、サンダース氏は914人となっている。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです