メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暖かくなっても感染力低下しない?流行抑止策継続を 米専門家が米政府に報告

 暖かくなっても油断は大敵――。米科学アカデミーの専門家委員会は8日までに、気温と湿度が高まると新型コロナウイルスの感染力は低下する可能性があるが、世界にまだ免疫を持つ人が少ないため流行の抑止には政策による感染対策が必要だと提言する報告書をホワイトハウスに提出した。

 同アカデミーは米国で最も権威ある学術団体。トランプ大統領は2月に「暖かくなればウイルスはなくなるだろう」と楽観的に話していたが、専門家がいさめた…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです