メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これまでにない恐怖」 ローマの医師が語った不測の事態と悔い

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、患者をストレッチャーで運ぶ救急隊員ら=マドリードで4月2日、ロイター

 新型コロナウイルスの感染者が米国、スペインに次ぎ多いイタリアでは、がん患者など感染者以外の治療を行う通常の医療機関にも大きな影響が出ている。首都ローマにあるサンカミーロ病院外科部長のチェーサレ・ダレッサンドロ医師(52)が毎日新聞の電話取材に応じ、感染を阻止しながら医療活動を継続する現状の厳しさを語った。

 ローマの新型コロナウイルス感染者数は、東京の約3倍の3000人に上り、病床や治療設備が不足している。サンカミーロ病院では新型コロナウイルス感染者の治療は行っていないが、感染者に集中対応する市内の他の病院から、感染者以外の重症患者の転院が相次ぎ、手術件数が急増している。ダレッサンドロ医師は「今後…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです