特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

バイデン氏正式指名へ サンダース氏撤退「運動は続く」 米民主党候補指名争い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
バーニー・サンダース氏=米東部バーモント州で3月3日、高本耕太撮影
バーニー・サンダース氏=米東部バーモント州で3月3日、高本耕太撮影

 11月の米大統領選に向けた野党・民主党の候補指名争いで、急進左派のバーニー・サンダース上院議員(78)が8日、撤退を表明した。指名獲得が事実上決定した穏健派、ジョー・バイデン前副大統領(77)は声明で「共にトランプ大統領を倒そう」とサンダース氏の支持者に呼びかけた。バイデン氏は8月の党大会で正式指名を受け、11月の本選で共和党現職のドナルド・トランプ大統領(73)と政権を争う。

 サンダース氏は8日、陣営の電話協議で撤退の意向を表明し、その後の支持者向けネット中継演説で「(獲得代議員で)約300人の差がつき勝利はほぼ不可能になった。困難で苦しい決断だ」と述べた。一方で「我々の運動は続く」とも述べ、政府運営の国民皆保険制度など自身の革新的訴えを大統領選で民主党の公約に反映させることに意欲を示した。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文866文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集