特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「絵がかわいい」 着物の端切れで布マスク、保育園に寄贈 新型コロナ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
布マスクをミシンで縫う小林房江さん(右)とアイロンをかける代表の渡辺節子さん=山梨県富士河口湖町で2020年4月4日、山本悟撮影
布マスクをミシンで縫う小林房江さん(右)とアイロンをかける代表の渡辺節子さん=山梨県富士河口湖町で2020年4月4日、山本悟撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが不足する中、山梨県富士河口湖町の女性グループ「みずうみ」(渡辺節子代表)が、着物などの端切れを再利用した布マスクを手作りしている。グループは着物を仕立て直した洋服のファッションショーを開催するなど、裁縫はお手のもの。色とりどりの柄が好評のマスクは、これまでに町の保育園などに贈られた。

 町内でのマスク不足を見かねた代表の渡辺さん(67)が3月21日、マスクの型枠を会員に配布し服を再利用したマスク作りを呼びかけたところ、26日までに大人用マスク計150枚が集まった。マスクは町を通じ、保育園や児童館、学童クラブ計18カ所に贈られた。現在は子供用マスクを作っているほか、町民にも無料配布する予定だという。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文786文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集