新型コロナ対策でマスクも販売 麻織物「近江上布」のPR店がオープン 滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立体マスクも販売している「近江上布」のPRショップ=滋賀県愛荘町愛知川で2020年4月3日午後5時1分、伊藤信司撮影
立体マスクも販売している「近江上布」のPRショップ=滋賀県愛荘町愛知川で2020年4月3日午後5時1分、伊藤信司撮影

 上質な麻織物「近江上布(じょうふ)」のPRショップが4月、滋賀県愛荘町愛知川の「ゆめまちテラスえち」にオープンした。日用雑貨、ストール、洋服などに加え、新型コロナウイルス対策で需要が高まる立体マスクも販売。爽やかな麻素材の多彩な品ぞろえが、県内外から注目を集めそうだ。

 近江上布は湖東地域の特産品。仕上げに鈴鹿山系の豊かな湧水(ゆうすい)を使い、江戸期には近江商人が販路を拡大。彦根藩から将軍への献上品にもなった。明治に入…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

あわせて読みたい

注目の特集