特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

きれいな水と冷涼な気候で高級豆を 熊本地震から復興へ阿蘇でコーヒー栽培

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
温室でできたコーヒー豆を手に「村の農家にコーヒー豆栽培を広げたい」と語る後藤至成さん=熊本県南阿蘇村で2019年5月14日午前10時53分、杉山恵一撮影
温室でできたコーヒー豆を手に「村の農家にコーヒー豆栽培を広げたい」と語る後藤至成さん=熊本県南阿蘇村で2019年5月14日午前10時53分、杉山恵一撮影

 2016年4月の熊本地震で熊本県南阿蘇村の自宅が全壊した元高校教諭、後藤至成(しせい)さん(62)がコーヒー豆栽培で村の復興に挑んでいる。出荷した村内外の7店舗で19年5月に販売したブレンドコーヒーは「香り高く後味がまろやか」と好評で、品切れ店も出る人気ぶり。2年目の20年も5月から販売予定で「阿蘇の冷涼な気候で栽培した高級豆を世界で勝負できる村の特産品に育てたい」と夢見る。

 農業科の高校教諭だった後藤さんは定年退職を1年後に控え、地震で自宅を失った。それでも最後の職場となった同県阿蘇市の県立阿蘇中央高校で授業を継続。約1年3カ月かけて自宅も再建し、退職の翌月にコーヒー豆栽培を始めた。

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文937文字)

【熊本地震】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集