特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

飲食店の酒類テークアウト販売 期限付きの免許を新設 国税庁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人通りが少なく閑散とした通天閣周辺の繁華街=大阪市浪速区で2020年4月6日午後6時23分、望月亮一撮影
人通りが少なく閑散とした通天閣周辺の繁華街=大阪市浪速区で2020年4月6日午後6時23分、望月亮一撮影

 国税庁は9日、新型コロナウイルスの感染拡大で経営に重大な影響を受けているレストランなどに対し、ワインや日本酒といった酒類を料理と共にテークアウト(持ち帰り)販売できるよう、期限付きの酒類小売り販売免許を新設したとホームページで発表した。外出自粛で客足や売り上げが激減した飲食店などからは、売り上げ確保のため酒類の販売を認めてほしいとの声が上がっていた。

 新たな免許は地元の税務署に申請すれば、早期に免許を付与する方向だ。6月30日が申請期限で、免許の期間は付与から6カ月間。販売できるのは在庫や既存の取引先からの仕入れに限定する。インターネットを使った2都道府県以上の消費者を対象にした販売はできない。仕入れや販売を帳簿に記帳する義務が課され、販売数量の報告等を行う必要もある。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文764文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集