新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
MBSメディアホールディングス
MBSメディアホールディングス

 毎日放送(大阪市)は9日、新型コロナウイルスに感染した同社の岡田公伸(きみのぶ)取締役(60)が入院先の兵庫県西宮市内の病院で同日死去したと発表した。死因は心筋症。

 岡田取締役は制作局、アナウンサー室などを担当。同社によると、3月26日からせきや発熱があり、4月4日に肺炎と診断されて入院し、PCR…

この記事は有料記事です。

残り53文字(全文203文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集