特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島・浪江で2遺体発見 高齢の父と娘か 震災避難先から帰還も孤立

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2人の遺体が見つかった住宅(中央)を調べる捜査員。周囲には空き家や更地が目立つ=福島県浪江町権現堂で2020年4月9日午前10時25分、寺町六花撮影
2人の遺体が見つかった住宅(中央)を調べる捜査員。周囲には空き家や更地が目立つ=福島県浪江町権現堂で2020年4月9日午前10時25分、寺町六花撮影

 8日午後6時ごろ、福島県浪江町権現堂の安田六一郎さん(87)方で、2人の遺体が見つかった。安田さんと同居する長女(58)とみられる。近所の住民から双葉署に「最近、安田さんを見かけない」と連絡があり、同署員と親族が自宅で遺体を発見した。

 県警などによると、安田さん方は2階建てで、安田さんと長女が住んでいるが、2人とは連絡が取れていないという。男性が1階で横たわり、女性は2階で見つかった。遺体はどちらも腐敗が進んでおり、死後数カ月が経過しているとみられる。県警は10日以降、司法解剖する。

 同署員が駆けつけた際、自宅入り口は施錠されていたという。2人の遺体の着衣に乱れはなく、部屋が荒らされた形跡もない。外傷は確認されていない。県警は、外部からの侵入はなかったとみて捜査を進めている。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1220文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集