メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勧酒詩選

緊急事態を乗り越える やがて、その時は来る

「蘇東坡詩選」(岩波文庫)

 緊急事態宣言が出た。

 これまでもそうだったけれど、完全に不要不急の外出はこれで無用になった。急と不急の線引きにはいまだ微妙なところがあるものの、歌舞音曲、飲み歩きの類いは明々白々、もってのほかの行為ということになった。

 音楽を聴くのも、一杯いくのも家でやるしかない。この原稿も、「ステイホーム」での産物だ。

 それにしても、当連載での再三再四の強調になるが、身体だけでなく、精神の健康が重要である。そのキーワードは、いうまでもなく「詩と酒」になるわけだ。

   念君官舎氷雪冷

   新詩美酒聊相温

   <君が官舎の氷雪のごとく冷やかなるを念(おも)い、新詩 美酒 聊(いささ)か相温(あいたず)ぬ>

   「君の官舎はさぞさびしかろうと思うので、この詩と酒とをお届けして、いささかお慰め申します」

 宋代第一の詩人、蘇東坡の詩「答呂梁仲屯田」の一節。黄河で大洪水が起こり、決壊した堤防の修復をはじめ、地域復興の任に当たる役所の知人にあてたものだ。

 田畑も市場も人家も流されてしまった。これからが大変だ。けれども、私はもっこをかつぎ、すきを振るう先頭に立ちます。あなたには1000人の労働者を率いて、石を切り出してもらう。そうすれば、城壁は高く築かれ、農民たちもびくびくすることがなくなるでしょう――と。

 東…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文1133文字)

伊藤和史

1983年入社。岐阜支局、中部報道部、東京地方部、東京学芸部、オピニオングループなどを経て、2019年5月から東京学芸部。旧石器発掘捏造(ねつぞう)事件(2000年)以降、歴史や文化財を中心に取材

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  5. 「金まみれの選挙」に混乱続く広島県政界 辞めない受領側議員の言い訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです