メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都府 「緊急事態宣言」指定を国に要請へ 新型コロナ

京都府庁1号館=篠田直哉撮影

 京都府は9日夜、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているなどとして、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の対象地域に加えるよう、政府に要請する方針を固めた。西脇隆俊知事と京都市の門川大作市長が10日午前に緊急の記者会見を共同で開き、方針を説明する。

 京都府内では9日現在、165人の感染が…

この記事は有料記事です。

残り53文字(全文211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  3. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  4. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです