メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

嶋田・理財局総務課長は海南卒

 新型コロナウイルスが世界に広がる中、和歌山県に3月中旬に、中国の山東省と四川省からマスク計3万枚が贈られた。山東省とは1984年からの友好都市で、四川省にはジャイアントパンダの繁殖研究基地があり、白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」と交流があった。県は中国で感染患者が増え続けていた1月末に、両省へ医療用手袋計10万枚を送っており、その返礼として両省からマスクが寄付された。県は届いたマスクを不足している県内の自治体に送った。

 霞が関の同県出身者は和歌山市の県立高校の桐蔭、向陽、星林の卒業生が多く、多数の事務次官、事務次官級官僚を輩出している。高校名には地名がついておらず、終戦直後に和歌山に進駐した連合国軍総司令部の指示でそうなったといわれている。桐蔭のOBには元参院議員で大学教授などを務める竹中平蔵氏らがいる。

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです