メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・あしたの日本へ

東京大学名誉教授・地震科学探査機構会長 村井俊治

村井俊治さん

 リモートセンシング(遠隔探査)など空間情報工学の世界的な権威で知られる東京大学名誉教授の村井俊治さん(80)=地震科学探査機構会長=が、地震予測の研究に打ち込んでいる。「東日本大震災以降も日本の各地で大きな地震が頻発している。できるだけ正確な予測をして被害を最小限に食い止めたい」と言う。【聞き手 本誌・明珍美紀】

 --リモートセンシングといえば人工衛星などに搭載した観測機器で地球の表面などを観測する技術。ご自身が会長を務める地震科学探査機構(JESEA)では、どのように地震予測に生かしているのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2128文字(全文2384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都「夜の街」への外出自粛要請 107人感染で知事「拡大警戒要する段階」

  2. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  3. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  4. ミャンマーで土石崩落、126人死亡

  5. 対韓輸出規制の勝者はだれか 韓国が国産化で構造転換、安倍首相に「感謝」する実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです