メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FASHION・EYE

2020~21年、秋冬東京コレクション中止 苦境の中、工夫凝らし 新型コロナ対策、ライブで配信

キディル

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月16~21日に東京都内で開催が予定されていた2020~21年秋冬のファッション・ウィーク東京(FWT、日本ファッション・ウィーク推進機構主催、毎日新聞社など協賛)が中止となった。観客を集めたショーの場を失いながらも、画像共有アプリ「インスタグラム」や動画配信サイト「ユーチューブ」を通じ、斬新な手法で作品を発表するブランドが相次いだ。(ファッションジャーナリスト・増田海治郎)

 ファッションの本場である欧州のファッションウイークは、そのシーズンの全てが詰まった国を挙げての一大イベントだ。英国ファッション協議会は、新型コロナの影響で苦境に陥った業界従事者を支援するため、100万ポンド(約1億3300万円)の基金を設立した。一方、東京はFWT期間中に足並みをそろえるブランドが少なく、ビジネスの場として弱い側面がある。今回は、主催者が公式サイトに掲載するブランドの写真や動画の…

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです