メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FASHION・EYE

2020~21年、秋冬東京コレクション中止 苦境の中、工夫凝らし 新型コロナ対策、ライブで配信

キディル

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月16~21日に東京都内で開催が予定されていた2020~21年秋冬のファッション・ウィーク東京(FWT、日本ファッション・ウィーク推進機構主催、毎日新聞社など協賛)が中止となった。観客を集めたショーの場を失いながらも、画像共有アプリ「インスタグラム」や動画配信サイト「ユーチューブ」を通じ、斬新な手法で作品を発表するブランドが相次いだ。(ファッションジャーナリスト・増田海治郎)

 ファッションの本場である欧州のファッションウイークは、そのシーズンの全てが詰まった国を挙げての一大イベントだ。英国ファッション協議会は、新型コロナの影響で苦境に陥った業界従事者を支援するため、100万ポンド(約1億3300万円)の基金を設立した。一方、東京はFWT期間中に足並みをそろえるブランドが少なく、ビジネスの場として弱い側面がある。今回は、主催者が公式サイトに掲載するブランドの写真や動画の…

この記事は有料記事です。

残り1365文字(全文1774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです