メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後の新入生22人 五條高賀名生分校、受け入れ式 /奈良

 五條市西吉野町の五條高校賀名生(あのう)分校(中井基雄校長)の新入生受け入れ式が9日、同市岡町の本校であった。千葉や静岡など県外出身の17人を含む22人が農業学習への一歩を踏み出した。賀名生分校は4年制の昼間定時制。2021年度からは独立して市立西吉野農業高校となるため、分校としての受け入れは今年が最後となる。

 受け入れ式はこれまで、本校での入学式の後に分校で行ってきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を考慮して本校の大会議室で実施した。4年の藤井結美恵さん(18)がビデオレターで「豊かな自然の移り変わりを肌で感じ、ゆっくり慣れていってください」と歓迎すると、新入生代表の阿部俊信さん(15)が「創立70年の節目に分校生になれるのは光栄。4年間、一生懸命努力します」と宣誓した。

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです