米海軍長官代行、批判を受け辞任 空母艦長解任巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 エスパー米国防長官は7日、新型コロナウイルスの感染が艦内で拡大する原子力空母「セオドア・ルーズベルト」の対応を巡り、モドリー海軍長官代行が辞任したと発表した。モドリー氏は空母の艦長だったクロージャー氏を解任した後、「ばか過ぎる」などと中傷したため、野党・民主党から批判の声が上がっていた。

 エスパー氏は声明で、モドリー氏から7日朝に…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

ニュース特集