メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

休業要請協力金、国の検討「ありません」 菅官房長官会見詳報

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年4月10日午前11時31分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大について、10日の菅義偉官房長官の記者会見で質疑が相次いだ。東京都が休業要請に従った事業者に協力金を支給する制度に関して、国も同様の制度を検討する考えがあるか問われると、菅氏は「それはありません」と否定した。

 また自治体による独自の「緊急・非常事態」宣言について「北海道ではいち早く宣言され、専門家から評価されている。さまざまなことを考え、発信するのは大事なことだ」と評価した。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

 ◆4月19日に挙行する予定の立皇嗣の礼について、総理(安倍晋三首相)のご指示を受け、今般新型コロナウイルス感染症の感染拡大につき緊急事態宣言が発出されたことなどを踏まえ、延期する方向で調整することにいたしました。実施時期については、感染症の収束状況を踏まえ、その時点で(皇位継承に関する)式典委員会を開催して、改めて検討することにしたいと思います。

この記事は有料記事です。

残り2524文字(全文2922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  2. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 福岡県「飲み会は2時間以内」「2次会控えて」 コロナ警報を発動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです