メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「カジノより新型コロナ対策を」 横浜市、IR誘致一時停止の声高まり懸念

住民投票を求める署名開始の延期について記者会見した市民団体の代表者ら=横浜市中区で2020年4月8日、中村紬葵撮影

 横浜市のカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を巡り、新型コロナウイルス感染拡大への対応を優先し事業をいったん止めるよう求める声が市民から相次いでいる。市は、国による認定スケジュールに変更がないことから、予定通り事業を進めるが、9日にはIRを担当する平原敏英副市長が「我々も大変苦しい中で仕事をしている」と複雑な胸の内を明かした。市ではコロナ禍での準備が批判につながりかねないとの懸念が高まっている。【樋口淳也、中村紬葵】

 「市長、カジノ・IR事業の停止と、直ちに指示してください」

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  4. 米のデシャンボーがメジャー初V 松山英樹は17位 全米オープン

  5. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです