メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

学生らを中心に新型コロナウイルスのクラスターが発生した京都産業大=京都市北区で2020年4月1日午後4時28分、福富智撮影

 京都産業大(京都市北区)の学生を中心にしたクラスター(感染者集団)が発生してから京産大関係者への差別が相次いでいる。学生がアルバイト先から出勤を断られたり、職員の家族や子供が出勤や登園を断られたりするケースも。大学への脅迫電話なども続き、担当者は「『京産大』というだけで、感染していない学生・職員や家族にも影響が出ている」と苦悩する。

 京産大生のまとまった感染が判明したのは3月26~29日。欧州を3月上中旬に旅行して帰国した学生3人が感染したが、判明する前にゼミやサークルの懇親会に参加し、感染が拡大した。更に懇親会で感染した学生が、陽性と確認される前に京都府井手町職員との交流会に参加。町職員から家族にも広まるなどして、8日までに全国で70人以上が感染した。

 京産大によると、学生への差別が目立つようになったのは感染拡大が明らかになって以降。ある学生は感染していないのにアルバイト先から…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです