メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これから激戦、その後は持久戦」 京大・山中教授、サイト開設 検査強化など提言

山中伸弥さん

 ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥・京都大教授が、新型コロナウイルスに関するサイトを開設して情報発信を続けている。サイトではウイルスとの闘いを「マラソンと同じで、飛ばし過ぎると途中で失速し、ゆっくり過ぎると勝負にならない」と表現し、流行の収束のために検査体制の強化など五つの提言を掲げる。山中教授は取材に「私たちは普段、社会に守られている。今は、私たちが社会を守る番」と正しい知識に基づく行動の大切さを訴えた。

 サイトは「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」(https://www.covid19-yamanaka.com/)。山中教授は幹細胞の研究者で感染症や公衆衛生の専門ではないが、3月下旬から1日2回のペースで更新している。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 菅長官、ワクチン「まずは国内で製造販売」 国際枠組みでは「優先供給されない」

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです