メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

大野元裕知事=2020年4月7日、山越峰一郎撮影

 埼玉県の大野元裕知事は10日、県内でも民間事業者に休業要請を実施すると表明した。期間は13日から5月6日まで。劇場やキャバレー・ナイトクラブ、自動車教習所、学習塾などを対象に、施設の利用やイベントの停止を要請する。

 大野知事は、慎重な姿勢を示していた休業要請に踏み切った理由について記者団に「首都圏…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです