メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡知事「休業要請、実施か13日に判断」 補償は「財政状況、東京と違う」

週末の外出自粛要請などについて記者会見する福岡県の小川洋知事=福岡市博多区の福岡県庁で2020年4月1日午後5時54分、徳野仁子撮影

 福岡県の小川洋知事は10日、県庁で「13日に休業要請が必要か判断する」と述べた。緊急事態宣言後の県内の状況について「人出は減っているし自主的に休業しているところもある」と評価。「明日から宣言後初めての週末がある。外出自粛要請の効果や感染の状況を踏まえて判断したい」と話した。仮に休業要請した場合の補償について「東京と違って厳しい財政状況にある。どういうことができるか検討したい」と述べるにとどまった。

 福岡県内を拠点に学習塾を展開する会社の担当者は「県でも休業要請が出ることを想定して動いている」。13日以降、家庭でもオンライン受講できるようタブレット端末の貸し出しを手配。「生徒の安全が最優先だが学習遅れも心配だ」と不安を隠せない。福岡市内約230の飲食店などでつくる福岡市南部料飲組合の担当者は「県の方針が決まらないので不安だ。東京のように午後8時までの営業となれば飲食店にとっては休業と同じだ」…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  4. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  5. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです