米軍普天間飛行場 泡消火剤が基地の外に漏出 発がん性物質含む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍普天間飛行場近くの側溝に流れ出た白い泡消火剤=宜野湾市真栄原で2020年4月10日午後8時26分、竹内望撮影
米軍普天間飛行場近くの側溝に流れ出た白い泡消火剤=宜野湾市真栄原で2020年4月10日午後8時26分、竹内望撮影

 10日午後4時40分ごろ、沖縄県宜野湾市の中心部にある米軍普天間飛行場で使用されていた泡消火剤が基地外に流れ出た。泡消火剤には発がん性が疑われる化学物質のPFOSが含まれている。米軍から「かなりの量が基地外に漏れ出した」と連絡を受けた防衛省沖縄防衛局が明らかにした。

 泡消火剤が流れ出たのは宜野湾市真栄原(…

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文317文字)

あわせて読みたい

注目の特集