メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異変のシグナル

「体調崩す人いるのは事実」取り組み模索 自治体や業界 化学物質過敏症(後編)

身の回りのさまざまな製品に化学物質は含まれている

 「その香り 苦手な人がいます」。東京都練馬区が作製したチラシには、化学物質過敏症への配慮を呼びかける言葉が並んでいる。チラシは区役所や保健相談所に掲示しているほか、区立小中学校での活用も呼びかけている。区生活衛生課の杉本圭司課長は「症状の原因は分かっていないが、化学物質に反応して体調を崩す人がいることは事実。まずは区民に広く知ってもらうことが大切だ」と話す。

 市民への周知を始めた自治体は増えている。患者や家族でつくる「CS(化学物質過敏症)憩いの仲間」の調査によると、今年3月時点で105の自治体がホームページやチラシで化学物質過敏症に関する情報を掲載している。

この記事は有料記事です。

残り1710文字(全文1994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 新型コロナ ワクチン3.1億回確保 首相表明 2社は実用化遅れ

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段-糸谷哲郎八段 第28局の3

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです