特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

ブラック批判よそに20万人応募 大会ボランティア 東京開催決定から7年⑨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京オリンピック・パラリンピックのボランティアらのユニホームが発表。左がフィールドキャスト(大会ボランティア、スタッフ)用、右がシティキャスト(都市ボランティア)用=東京都中央区で2019年7月19日、佐々木順一撮影
東京オリンピック・パラリンピックのボランティアらのユニホームが発表。左がフィールドキャスト(大会ボランティア、スタッフ)用、右がシティキャスト(都市ボランティア)用=東京都中央区で2019年7月19日、佐々木順一撮影

 「東京でのオリンピックに関わりたい」「アスリートの力になりたい」。東京オリンピック・パラリンピックでは、約8万人の大会ボランティアが運営を支える。採用が決まった人たちに役割と活動する会場の通知が送られる中、五輪の1年延期は決まった。

 大会ボランティアは2018年9月に募集が始まった。12年ロンドン五輪などを参考に設定した「1日8時間程度、合計10日間以上」という活動条件に対し、インターネット上では「ブラック」「やりがい搾取」などの批判が飛び交った。

 社会人にとって10日間も会社を休むのはハードルが高い。政府や大会関係者の間でも、「8万人も集まるのか?」という懐疑的な声は少なくなかった。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文642文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集