力士1人が新型コロナ感染 大相撲初 夏場所開催可否に影響も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
両国国技館=2019年撮影
両国国技館=2019年撮影

 日本相撲協会は10日、力士1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。力士は4日ごろから発熱やせきなどの症状があり、8日に東京都内の医療機関で簡易検査を受けて陰性と診断されたが、PCR検査(遺伝子検査)を行ったところ、陽性と判定された。角界での感染者は初めて。現時点で他の力士や協会員に症状を…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

あわせて読みたい

ニュース特集