メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(4)桜花賞 まるで大物女優 レシステンシア

2019年の桜花賞を制したグランアレグリア=JRA提供

 デジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が、上半期のGⅠ計12戦を予想します。第4戦は、「桜の女王」を決める桜花賞(阪神1600メートル、12日午後3時40分発走)。「日本列島に重い空気が漂う中、クラシック第1弾が見られるのはありがたいよな」と話すのは、競馬担当30年の師匠、松沢一憲記者。「今年はハイレベルな戦いになるぞ」と期待します。【中嶋真希】

 フェブラリーS、高松宮記念と外れるも、大阪杯でやっと的中。「このまま『100日後に死ぬワニ』ならぬ『100日後に馬券が当たる真希バオ-』になっちゃうんじゃないかと思った」と胸をなでおろす真希バオー。「緊急事態宣言が出た後も、競馬は続行が決まりました。ただ、対策をとって開催を続けなくてはいけないという重圧があると思います。私は馬券を買うことでそれを支えますよ」

この記事は有料記事です。

残り1632文字(全文1992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです