メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト1億人超 深刻ごみ問題 水不足、渋滞慢性化も

カイロのごみ処理業者が集住するマンシェット・ナセル地区では、道路脇にもごみ袋が大量に積まれている=2020年2月24日、篠田航一撮影

 エジプトの国内人口が今年2月、1億人を突破した。アフリカ大陸で1億人を超えたのは、ナイジェリア(約2億人、2019年国連推計)、エチオピア(約1億1000万人、同)に次いで3カ国目。だが、水不足や慢性的な渋滞など、人口の急増に公共サービスが追いついておらず、シシ大統領は近年、繰り返し「人口過剰はテロに匹敵する国家的脅威」だと懸念を示す。深刻なごみ問題も取り組みは始まったばかりだ。

この記事は有料記事です。

残り1601文字(全文1793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです