新型コロナ 大和高田市立図書館、電子書籍の利用増加 先月以降 問い合わせも殺到 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で県内各地の図書館が休館する中、開館を続けている大和高田市立図書館で、自宅にいながら借りることのできる電子書籍の人気が急上昇している。市立学校が休校した3月以降の利用冊数は従来の1・5倍になっており、利用方法などの問い合わせもカウンターや電話に連日殺到しているという。

 電子書籍は、登録者がサイト内の書籍データをスマートフォンなど自分の電子端末にダウンロードする形で借り、2週間で自動的に読…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集