新型コロナ 全市民に5000円分「応援券」 長門市が緊急経済対策 市内で利用可 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長門市は10日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、市内のホテルや飲食店、タクシーで使える5000円分の「助け合い応援券」を、全市民約3万3000人に配布するなどの緊急経済対策を発表した。総額約3億9650万円の関連予算を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を13日の臨時議会に提案する。

 「応援券」は8月末まで利用でき、市民1人につき500円券10枚を、5月1日までに郵送する予定。店舗には従業員の体温の測定と記録▽発熱などがある場合の所属長への連絡と自宅待機▽事業所内の消毒――など、感染拡大防止策の徹底を宣言してもらい、登録店舗ステッカーを配布する。市産業戦略課によると、対象店舗は約100店を見込む。発行総額は約1億6570万円。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文565文字)

あわせて読みたい

注目の特集