メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人!

卒業する小学生の似顔絵を描き続ける 中野文利さん(70)=砥部町 /愛媛

「5分ほどで描けますよ」と、記者の似顔絵を描いてくれた=砥部町五本松で2020年4月5日午後1時51分、木島諒子撮影

 砥部町立砥部小の卒業生の似顔絵を毎年描き続けている。児童らの笑顔の隣には、校舎と町のシンボル・障子山が描かれ、晴れ渡った空には虹色の気球が浮かぶ。「子供たちの将来が虹色になりますように」という思いを込めた。

 設備工事関係の仕事を10年ほど前に退職。子供のころから好きだった絵に没頭した。ちょうどその頃から、同小関係者に頼まれ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  5. 国家試験、高校生18人受験できず 1種電気工事士、教員申し込み忘れ 福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです