メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

コロナ、欧州で防護具不足 医療従事者「戦場」で疲弊

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、患者をストレッチャーで運ぶ救急隊員ら=マドリードで4月2日、ロイター

 新型コロナウイルス流行の中心地となった欧州では医療従事者にも感染が広がり、多くの死者を出している。医療機関で感染予防に必要な物資不足が続く地域もあり、感染者を受け入れていない通常の病院にも影響が出ている。「戦場」に例えられる最前線で働く医師や看護師を守ることが大きな課題となっている。【ブリュッセル八田浩輔、パリ久野華代】

 欧州発のSNSでは、感染者の救命にあたる医師や看護師が動画などで医療現場の状況を発信している。

 スペインの首都マドリードのドセ・ド・オクトブレ病院の医療スタッフは動画で、「みんな寝ていない。なんとか士気を保って患者さんに対応している」と、やつれた様子で話す。

この記事は有料記事です。

残り2291文字(全文2583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです