メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 改憲で「緊急事態条項」明記 自民、議論急ぐ

 自民党は10日、憲法改正推進本部(本部長・細田博之元官房長官)の会合を党本部で開き、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた緊急事態の対応策を協議した。国会が新型コロナ対策最優先となる中で、自民が憲法改正で目指す「緊急事態条項」明記の意義をアピールし、停滞する国会での改憲論議を加速させたい考え。しかし危機に乗じた議論に野党は同調せず、自民党が主眼を置く政府への権限集中には公明党も反対している。

 自民党は感染拡大防止の観点から党本部での会合を原則自粛するが、開催を「強行」した。席の間隔を空け、会合には約50人が出席。防衛大学校の山中倫太郎教授を招き、憲法と緊急事態の関係などで意見交換した。出席者の一人は「緊急時に国民をどう守るかという議論だ」と意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 結核集団感染、東大阪で発生 市が発表 /大阪

  3. 東京都、新たな感染者243人 過去最多を更新 新型コロナ

  4. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです