メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『実物大の朝鮮報道50年 -異形の国、歪む日韓』=前川惠司・著

『実物大の挑戦報道50年 -異形の国 歪(ゆが)む日韓』

 (新聞通信調査会・2200円)

 1970年前後から韓国を実地で知るジャーナリストによる回想と現代韓国の政治社会批判だ。第1部は、朴正熙(パクチョンヒ)政権の維新体制発足前に訪れて以降、ソウル五輪や民主化などを報じてきた記録。第2部では、朴槿恵(パククネ)前大統領と彼女が失脚する原因になった崔順実(チェスンシル)一家との、40年以上にわたる関係を詳述した。日本語でここまで詳しく書いた一般書は初だろう。第3部は、現代韓国の政治状況…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. わざおぎ登場 片岡仁左衛門さん 「梶原平三誉石切」の魅力を語る 敵役が正義の味方として描かれる芝居=完全版

  5. わたしと健康 ラジオパーソナリティー 大沢悠里さん 脳梗塞、狭心症を克服 大好きな仕事のため、体の声に耳すます

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです