メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・著者に聞く

雨宮処凛さん 『ロスジェネのすべて』

 ◆雨宮処凛(あまみや・かりん)さん

 (あけび書房・1760円)

 ロスジェネ(ロストジェネレーション=失われた世代)は、就職氷河期世代の別名。その代表的論客と同世代の論者4人との対談集だ。お題は、右傾化、女性、自己責任、「貧乏」。「非正規労働者の苦境みたいなロスジェネの典型以外の話をしました」

 貴戸理恵・関西学院大准教授との対談では、「正規雇用の人は、基本、定年まで仕事があり、先を見通して暮らしている、という当たり前に改めて驚いた」。貴戸さんが、ホステスのバイトで食いつないでいた20代から知り合い。「久しぶりに会ったら、大学に定職を得て子供は3人。不安定雇用からこんなに変わった人を初めて見たかも。子育ての話などから、社会の分断によるマジョリティーのしんどさも痛感しまし…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

  4. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  5. EU外相、米黒人拘束死を「権力の乱用」と非難 デモは欧州に飛び火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです