特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ・緊急事態

揺れた判断、振り回され 休業・営業、対応に追われ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言を受けて8日から臨時休業し、入り口のシャッターが下りている百貨店=東京都中央区で2020年4月10日午後6時11分、小川昌宏撮影
緊急事態宣言を受けて8日から臨時休業し、入り口のシャッターが下りている百貨店=東京都中央区で2020年4月10日午後6時11分、小川昌宏撮影

 「緊急事態宣言」に基づく休業要請を巡り、小売りやサービス業界が対応に追われている。百貨店や理髪店などは休業要請の対象に含まれなかったが、すでに休業を決めた企業も。休業か営業か。商売の現場に戸惑いの声が広がっている。

 「今すぐに対応できる状態ではない」。10日午後2時、東京都の小池百合子知事が休業要請の内容を発表すると、東急百貨店は社内で緊急会議を開き、対応を協議。担当者からは戸惑いの声が上がった。

 複数の百貨店はすでに休業要請が出ることを想定し、東京都内の店舗を臨時休業とし、食品売り場だけを営業している。別の百貨店関係者は「食品フロア以外も営業していいのか判断できない。現場は困惑している」と頭を抱える。

この記事は有料記事です。

残り2227文字(全文2533文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集