メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルVS

知能ロボット学の石黒教授が、その研究で本当に追い求めているものとは

自身に似せたアンドロイドと並び、ロボット研究について話す石黒浩教授=大阪府豊中市の大阪大で2020年3月4日、加古信志撮影

 デジタル技術が人間のコミュニケーションの在り方を変えている。スマートフォンの普及で他者とのつながり方が変化したほか、人工知能(AI)やロボットの技術進歩も著しいからだ。ではロボットは現在どんな対話が可能で、今後社会にとってどんな存在になり得るのか。ロボット研究の世界的な権威で、「人間とは何か」と探求を続ける大阪大学の石黒浩教授(知能ロボット学)に話を聞いた。【聞き手・宮崎稔樹/東京経済部】

 ――ロボットは現時点で人間と同じように対話できる存在ですか?

 ◆同じではない。状況や目的を限定しないと、ロボットやAIは人間と同じように対応できない。本当の対話は、脳内の考えを言葉にして、他人と共有する、共感し合うということ。要するに脳と脳をシンクロさせることが目的だ。その観点で言えば、ロボットと人間の脳はまだシンクロしておらず、人間同士の対話レベルにはまだ到達していない。

 ――現時点のロボットの対話レベルというのは、人間で言えば何歳ぐらいの水準ですか。

 ◆2~…

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文2117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  4. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです