メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界で「新型コロナ感染ゼロ」を主張する国はどこか 「ウイルス侵入阻止」の真偽

朝鮮人民軍の火力打撃訓練を指導する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=9日、朝鮮通信・共同

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中、北朝鮮など感染者がゼロとされる国は複数ある。実際に感染者が出ても、独裁国家などでは情報が統制されている可能性もある。

 世界保健機関(WHO)の10日時点のデータでは、少なくとも17カ国で感染者の報告がない。感染拡大が深刻なイランと1000キロ以上の国境を接する内陸国トルクメニスタンもその一つ。ベルディムハメドフ大統領の強権姿勢とその閉鎖性から「中央アジアの北朝鮮」とも呼ばれ、新型コロナ報道も制限されており、感染の実態は不明だ。

 一方、感染者未確認の国の大半は小さな島国だ。ミクロネシア連邦は、WHOが緊急事態宣言を出した1月30日の翌日に非常事態を宣言。中国本土や感染者が見つかった国からの入国禁止を即座に実施した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです