メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声をつないで

フィンランドはなぜそんなに幸福なのか 3年連続世界一のカギ握る「ジェンダー」

フィンランド連立政権を担う30代前半の女性たち=ヘルシンキで2019年12月10日、AP

 国連が3月20日に発表した「世界幸福度報告2020年版」で、北欧の小国フィンランドが3年連続で幸福度ランキング1位になった。フィンランドといえば昨年、34歳の女性首相が誕生して話題になり、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」が発表したジェンダーギャップ(男女格差)指数(19年)でも3位で、ジェンダー平等の先進国としても知られる。ちなみに日本は幸福度62位、ジェンダーギャップ指数121位で、いずれも過去最低だ。「ジェンダー平等が幸福度の高さにつながっている」と話すフィンランドのジェンダーイコーリティー(男女平等)大使、カトリ・ビーニッカ氏(54)に幸せの秘訣(ひけつ)を聞いた。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3948文字(全文4262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック感染対策、難題手つかずで越年 定まらぬ観客対応、膨張する費用

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  4. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  5. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです