メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画監督の大林宣彦さん死去 82歳 「時をかける少女」“尾道3部作”

 映画「時をかける少女」などの「尾道3部作」で知られる映画監督、大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが10日、肺がんのため死去した。82歳。葬儀は家族で営む。お別れの会を後日開く。喪主は妻恭子(きょうこ)さん。

 広島県尾道市の医師の家に生まれた。幼い頃から映画作りに親しみ、成城大在学中から前衛映画運動に参加、実験的な8ミリ映画を数多く製作した。大学中退後テレビCMの演出を手がけながら、自主製作で映画を撮り続けた。CMではチャールズ・ブロンソンを起用した男性化粧品や、山口百恵さん、三浦友和さんを起用したチョコレートなど、多くの話題作で注目された。

 1977年、「HOUSE/ハウス」で商業映画デビュー。書き割りの背景と人物を合成するような前衛的な手法を取り込んだホラー映画だった。80年代には角川書店の書籍と映画を連動させるメディアミックス戦略の中でアイドル映画を手がけ、次々とヒットさせた。81年の「ねらわれた学園」で薬師丸ひろ子さん、83年の「時をかける少女」で原田知世さんをスターに押し上げた。自身の故郷である尾道を舞台にした「転校生」(8…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「ディル・アン・グレイ」のボーカル装い5400万円詐取疑い 39歳再逮捕

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アクセス 「妊娠順」園長が決定 保育士「子供ができてすみません」 美容業界でも出産年齢指示 治部れんげさんの話

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです